つなぐ技術

人と人をつなぎ、チャンスを現実に変えるサイト
 〜 1000人プロデュース計画 〜
<< 第2回:トム・クルーズへの道!〜過酷な軍隊生活〜 | TOP | きらきらビーム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
第1回:『 ヒーローになりたい! 』
こんにちは。

リレーションクリエイター
すがぬまです。


『つなぐ技術』の前にまずは


「すがぬまって誰よ?」

「なんでリレーションクリエイターになったの?

 っつーか、それってなに?」

 (・ё・)y―〜〜〜〜



・・・という疑問にお答えするため


自己紹介をかねて私、

すがぬまのヒストリーを

数回にわたって紹介することにしました。


それでは
第1回『すがぬま君物語』スタート!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回:『 ヒーローになりたい! 』(時期:保育園〜小学校)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1979年 愛知県に生まれる

長久手町というちょっと田舎町だったんですが、
野生児として、明るく元気にすくすくと育ちました♪



そう。

保育園に奴が現れるまでは・・・




彼の名前は「Rくん」

力の強い子で

「あか組」「き組」「あお組」

と3年間いじめられたんですね。



イメージでいうと


「Rくん」がジャイアンで

私「すがぬま」がのび太。




当時の私は、性格も消極的で
体もひょろひょろ。




・・・か・・勝てるわけない!




「えーん。。。どらえもーん!」 


いつも泣いて帰っていました。






そこで私は決意したんです。




小学校に入ったら強くなろう!

ヒーローになるんだ!




でも・・・どうやって・・・?




そこで私が考えたのは

ヒーローになりたければヒーローのマネをすればいい!

ということ。



当時のヒーローといえば、そう。

戦隊モノです!



「科学戦隊ダイナマン」

「超電子バイオマン」


5人の戦士たちが悪を倒す!

その姿に憧れたのは私だけではないでしょう。

バイオマン
わが青春のヒーロー





そこで小学校に入るやいなや
友達をつくり、5人の戦隊を結成しました。




その名も・・・


『宇宙戦士エッチマン』



活動内容は、女の子たちにエッチなことをすることです。




・・・えーと、説明します。(言い訳します。)


なぜヒーローを追い求めた結果
こんなことになってしまったかというと

理由があるんですね。



当時、私たち小学生のあいだで流行っていたのは


戦隊モノだけでなく


『 まいっちんぐマチコ先生 』

というマンガだったんです。



簡単に概要を説明すると、


中学生の教え子たちが

「ボインタッチ」(胸を触る行為)をすると

女教師マチコ先生は


「いや〜ん、まいっちんぐ」


というセリフをかまし

決めポーズをとるという物語です。









どんな物語だ。

(・ё・)y―〜〜〜〜






私は、権威の象徴とされていた
「先生」という存在に対し

「ボインタッチ」という必殺技を繰り出し

「まいっちんぐ=まいりました」

と言わせてしまう少年たちに
ヒーローの姿を見たのです!


まいっちんぐ
わが青春のヒーロー パート2




よし!
研究するためにまずマンガを手に入れよう!





そう思った私でしたが



困ったことに

『 まいっちんぐマチコ先生 』は

小学生が買いに行くには
相当な勇気が必要とされる類のマンガであり

入手はきわめて困難だったのです。

小学生にとってはもはやエロ本の領域だったのです。
ミッション・インポッシブルなのであります。



当時、勇者だった(つまりマンガを買った)Gくんから、

「ビックリマンシール50枚と交換」

という闇取引の末
なんとか手に入れることができ




『 5人戦隊モノ+先生(権威の象徴)をまいらせる少年たち 』



という2大ヒーローの要素を取り入れ

『宇宙戦士エッチマン』を結成しました。




組織も5人体制となり、
こうして小学校1年生にして


『宇宙戦士エッチマン』のリーダー

として


見事、小学校デビューを果たした私は

ヒーロー活動に精を出し(女の子のスカートをめくりまくる etc)

すっかり活発な男の子になっていました。



ひとらー
リーダーとして活動に励むすがぬまの図








「僕はヒーローだ!もういじめられないぞ!」




得意げになっていた私でしたが、

ある日事件は起こりました!



ホームルームの時間、
当時の担任のビーバー先生(歯が出ていたのでそう呼ばれていた)
が私を呼ぶではありませんか。



ノコノコと教壇の前に出て行った私に対し




「あなたがしたことで

 女の子たちが辛い思いをしているのよ。

 どんな気持ちがするか体験してみなさい。」



ビーバー先生はこう言い放ち、
パンツごと私のズボンを一気にずるっと引き下ろしました。





教室内、大爆笑!


慌ててズボンをはき、恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら
席に戻った私に対し、

隣の席のA美ちゃん(ちょっと好きだった)は
一言こう言った。




「ち○ちん見〜えた」





うそん!


・・・この瞬間、私のヒーローとしてのプライドは粉々に砕け散り


大ボスである「先生」にパンツを下ろされ
女の子(ショッカー的存在)にトドメを刺されるという形で

ヒーロー活動に幕は閉じたのでした。





「やっぱり僕はヒーローになれないんだ・・・」




この体験がトラウマとなり
それ以来、また内気な少年に戻っていくことになりました。。。。



そしてちょっと消極的な性格のまま
中学、高校と進むが

やがて人生の転機が訪れます!



とりあえず今回はこの辺で!

さぁ〜て、次は

『 トム・クルーズへの道〜過酷な軍隊生活〜 』

をお送りします

お楽しみに!!
すがぬま君物語 | 00:49 | author すがちゃん | comments(1) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
- | 00:49 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
子供らしくて、よいエピソードですね。でも、どこで道を間違えたんですかね。ちゃんと戦隊モノ見てれば、女の子をいじめるなんて事はしないんじゃないの?ちなみに僕もヒーローにあこがれてたけど、僕はジャパンアクションクラブ目指して体操をやってたよ(えっへん)
2005/10/08 6:22 PM by 加島 あきたけ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://suganuma.jugem.jp/trackback/17
トラックバック
2006/01/03 6:32 PM
菅沼くん物語†前回のあらすじ† *:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。...
菅ちゃんの自分大ちゅき!!
2007/02/11 7:05 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-