つなぐ技術

人と人をつなぎ、チャンスを現実に変えるサイト
 〜 1000人プロデュース計画 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
書評:チャンスと出逢うための人脈大改造
 「理想的な人脈への第一歩は
  
  自分がメンターになることである」


後藤芳徳著
『チャンスと出逢うための人脈大改造-フツーの人でも成功できる実践法則』P188



チャンスと出逢うための 人脈大改造 フツーの人でも成功できる実践法則
後藤 芳徳現代書林 2005-03-03売り上げランキング : 192おすすめ平均
どんな段階の人にも役立つ方法がココにある!
これは、コネ人脈づくりの本ではない!!
何度でも読み返したくなる内容の濃さ

Amazonで詳しく見る by G-Tools



風俗店・飲食店をチェーン展開して、次々と成功させ
「風俗コンサルタント」としても活躍中という

個性的な経歴を持つ著者の、実践的な人脈本です。


豊富な経験から語られる人脈づくりの方法は、
すべて体験に基づくもので

机上の空論でも、単なるテクニックでもない、
人脈作りのノウハウが誰にでも実践できる形で
紹介されいます。

私自身、とても参考になったオススメの一冊です。



「なぜ人脈づくりをするのか?」


意外と明確になっていない人が多いのが、
この点ではないでしょうか。

私も、目的がはっきりしないままに
人脈づくりに取り組んでいたときは

長続きする人間関係はできなかったし
人脈づくりをする気持ちも次第に萎えてきてしまったんですね。


そこで、まずは

・自分自身のゴールを決めること

・そしてそのゴールへ向かうには
 どんな人脈が必要なのかを明確にすること



それが、人脈づくりのスタートになります。



また、同氏の『感情の波理論』はとても面白い!

人脈を作るには、
自分自身に価値・魅力を上げる必要がありますが

では、人間の魅力とは何か?


『人間の魅力とは

   相手の感情をどれくらい動かせたかの幅の大きさ』



どんなに人に優しくても、それだけでは
ただの「いい人」「退屈な人」で終わってしまうことや

ワルから離れられない女性・悪女に惹かれてしまう男性が
いるのも納得できますね。


ポイントは
ポジティブとネガティブへ感情の波を作ることです。


この辺りは、同氏の恋愛・口説き本が、
実践的なコミュニケーション手法の参考になります。

『後藤芳徳の「モテる!」成功法則』


タイトルだけ見ると、ちょっと引きますが(笑)
単なるテクニック本ではなく、

自分自身を見つめなおす上で、
とても役に立ちました。

後藤芳徳の「モテる!」成功法則
後藤 芳徳講談社 2004-01売り上げランキング : 2,586
おすすめ平均
わたしも読んだんですが。
「人ったらしの技術」が満載
テクニックにとどまりません

Amazonで詳しく見る by G-Tools




そして理想的な人脈の育て方として

『ステップアップ・スパイラル』

という方法を推奨しています。


ステップアップ・スパイラルとは


自分がまずメンターとして周りの人をステップアップさせることです。

そして、その相手がステップアップしたところであなたのメンターになってもらい、
今度はその人の位置まで引き上げてもらいます。




こんな人間関係は最高ですね!
なぜ、同氏の周りには人が集まるのか、その答えがこの辺りにありそうです。

『ステップアップ・スパイラル』は

本当に豊かな人間関係を作るための
最高の方法なんじゃないでしょうかね。


そんな人間関係づくりのスタンスとして

心に残った言葉を紹介します。


助けてほしいと考える前に
助けたい人間をたくさん持っている人ほど、

大きく成功できる可能性を持っている


人脈づくりのためのオススメ本 | 02:44 | author すがちゃん | comments(5) | trackbacks(0)
書評:人脈を使いこなすには?
『つき合う人が君の応援団になってくれれば、
 
あっという間に成功者の世界に持ち上げてくれるのだよ』


本田健著 『ユダヤ人大富豪の教え』P118


ユダヤ人大富豪の教え
本田 健大和書房 2003-06-19売り上げランキング : 1,206おすすめ平均
成長よりも人生の意味を考える
賛否両論だが。。
盗作のようなホントの話なのです。

Amazonで詳しく見る by G-Tools



本書は、ユダヤ人の大富豪ゲラー氏から教えを受けるという物語形式で書かれた
幸せな金持ちとして大成功を収めている著者の、若き日の体験記です。


幸せなお金持ちとして成功している人に
共通しているのは

『人をとても大切にし、いい人脈を持っていること』


これはよく言われることですが、

では、

『なぜ成功者になるには人脈が大切になるのか?』

『なぜ人を大切にしなければいけないのか?』



本書ではこの疑問に見事な回答を出しています。



物語は『幸せな金持ちになる17の秘訣』を
ゲラー氏から一つずつ教えてもらう形で進められていきますが

第7の秘訣『人脈を使いこなす』の中で
とても興味深いやりとりがあります。


「君の回りの300人に同じく300人の知り合いがいると思ってごらん。

 君は、間接的には9万人の人とつながっている。
 その9万人に300人がいるとしよう。

  何人になるか計算できるかね?」


「えっと、2700万人ですか?」


「そのとおり。想像してごらん。

 君の知り合いの知り合いは9万人いる。
 その知り合いとなると2700万人もいるということなのだ。

 だから、最初の300人といい関係を持っていれば、
 少なくとも9万人の人間とつながっていることになる。」



自分

300人の知り合い

300人×300人=9万人の知り合い

9万人×300人=2700万人の知り合い




この本を読んで

「目の前にいるその人」だけでなく
「その人のつながりにある人達」を意識するようになり

人との付き合い方も
大きく変わりました。


今の自分の知り合い300人に対して

・どういう自分として接しているか?
・何をしてあげているか?


それを意識して人を大切にし
『信頼される人間になる』ことがとても大切です。


だってそうですよね?

300人の人たちの自分への評価が
2700万人の潜在的な人脈へ口コミで
伝わると考えたら・・・・


300人の人への接し方で
いい人脈ができるかどうかが決まるって事です。


最後に、ゲラー氏の言葉の中で
とても心に残った言葉を紹介します。



『相手にとってメリットになること、
 自分にとってメリットになること、

 そして第3者にとってメリットになることを考えながら
 全ての行動を決めなさい。

 それができるようになれば、何をやっても成功できる。

 そして君は「この人と付き合うと成功する」というありがたい栄誉も
 手に入れることができるだろう。

 そうやって人生を生きるのだ。』 

人脈づくりのためのオススメ本 | 15:08 | author すがちゃん | comments(1) | trackbacks(0)